今回ご紹介するのは「信用保証融資」です。

最近、弊社のホームページをご覧いただいたお客様から「御社の信用保証融資とはどんなサービスなのか?どうすれば利用できるのか?」といったお問い合わせが多く寄せられます。

確かに、「信用保証融資」という名の金融商品は、銀行や他のノンバンクで見かけることは少ないでしょう。

また、お客様からは「信用保証協会を介した融資となるのか?」という質問もいただきますが、弊社が提供する「信用保証融資」は信用保証協会が関与することはなく、審査からご入金まではすべて弊社により行われます。

では、具体的に「信用保証融資」とはどんな金融商品なのか。

そのメリットやデメリットも交えてご説明していきます。

信用保証融資とは?

信用保証融資とは?

弊社の金融商品のひとつである「信用保証融資」は、端的に言ってしまえば「無担保・保証人なし(審査結果により必要になる場合あり)」で借り入れが受けられる金融商品です。

厳密に言えば、利用される「事業主様や企業様」と弊社の間で結ばれた「互いの信用」のみが担保となります。したがって不動産や有価証券といったものや保証人となる第三者をご用意する必要はありません。

このような説明だけを聞く限りでは、他のノンバンクが提供する「無担保・保証人なし」のビジネスローンと何ら変わりはないと思われることでしょう。

ただ、弊社ではこの「信用保証融資」という名称に強いこだわりを持っています。

ノンバンクの融資事業者にご相談される多くの事業主様は、おそらく以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

・ 申請できる補助金や助成金がない
・ 銀行や信用金庫からの融資審査に通過できない
・ 担保や保証人が用意できない

しかし、これらの事情がある上でノンバンクのビジネスローンを申請しても、

・ 直近の営業利益や経営利益の悪化
・ 赤字経営が長引いている
・ 各種税金の滞納

などを理由にノンバンクからも融資を受けられないといった問題を抱えてしまう事業主の方々も多々いらっしゃいます。

特に経営が悪化する中小零細企業様の事業主様におかれましては、資金難に陥っているのにもかかわらず融資を受けられないことで、さらに経営が困難になるといった負のスパイラルから抜け出せない状況に頭を抱えておられるのではないでしょうか。

弊社の「信用保証融資」の利用に際しては、もちろん「直近の収支決算書」をはじめとした各種書類のご提出をいただくことにはなりますが、単に過去や現在の数値だけを重視した審査を行うことはいたしません。

それよりも事業主様との面談を通しておうかがいする「将来的な企業の発展性」や「事業の社会的な貢献度」、さらには「事業主様個人のお人柄」など、あくまでも弊社と事業主様との間での相互理解の上で結ばれる「信用情報」を重視した融資となります。

これが弊社の「信用保証融資」という名称と商品内容の基です。

他のノンバンクが提供するビジネスローンの常識にとらわれない「信用保証融資」は、他の金融機関からの借り入れが難しい事業主様の資金繰りを、柔軟な審査によりサポートできる金融商品となっています。

信用保証融資のメリット・デメリット

信用保証融資のメリット・デメリット

銀行や信用金庫などによるプロパー融資や信用保証付融資、他のノンバンクが提供するビジネスローンよりも、柔軟な審査で対応する弊社の「信用保証融資」ですが、メリットがある反面、当然ながらデメリットもあります。

メリット

①審査スピードが早い

銀行からの借り入れの場合、審査の終了までに最低でも1週間、長くて1ヶ月ほどかかってしまいますが、弊社の「信用保証融資」の審査は最短で即日完了が可能です。事業主様との直接お会いしての面談またはお電話によるご確認の実施が早ければ早いほど、審査からご入金までの流れがスムーズに進みます。

②担保や保証人は不要

担保となるのは、お申し込みいただく事業主様や企業様単体の「信用」です。その他の担保は不要ですので、提出書類のみをご用意いただければお気軽にお申し込みいただけます。また、保証人も原則不要となりますが、審査結果次第では、連帯保証人をご用意いただく場合があります。

③使用用途は自由

借り入れた資金に使用制限はないため、運転資金や当座決済資金など、目的に応じて自由にご利用いただけます。

④他社からの借り入れがあっても利用可

銀行や他のノンバンクからの借り入れがあっても、審査結果に大きく影響することはありません。ただし、借り入れ額によってはご希望通りの金額を融資できないこともあります。

デメリット

①融資限度額は原則500万円まで

不動産などの大きな価値を有する担保が不要というメリットがある一方で、「信用」のみが担保になる金融商品であるため、不動産担保融資などと比べると借り入れ限度額が少額になってしまいます。したがって、設備投資費などの大口融資がご希望の場合は他の金融商品のご利用を検討すべきといえます。

②金利が割高

利率(実質年率)は、借り入れ金額に応じて変動しますが、年利10%〜20%と、他の担保融資などと比べるとやや割高となってしまいます。

特別な担保や保証人を用意することなく利用できる弊社の「信用保証融資」。融資限度額は原則500万円までとなりますが、急ぎの資金調達が必要な場合などは、スピーディに審査からご入金までの流れを進めることができます。

担保に必要なのは「信用」のみですので、ご興味がある方はお気軽にご相談ください。