今回ご紹介するのは「ベンチャーキャピタル」です。

事業主の方であれば、一度は聞いたことのある言葉かと思いますが、どのような仕組みであり、どんな役割を果たすものなのかはあまり理解されていない方が多いようです。

それもそのはず。ベンチャーキャピタルは、主に創業間もないベンチャー企業の資金調達をサポートする機関であるため、すでに長年に渡って事業を展開している事業主様にとっては身近な存在とはいえないものです。

ですが、今やベンチャーキャピタルの活用は株式発行や銀行融資といった、企業の伝統的な資金調達手段に横並びするほどのメジャーな資金調達手段になりつつあるため、事業主の方であれば、その仕組みや役割を理解しておくべきであるといえます。

ベンチャーキャピタルの仕組みや役割について順を追って解説していきますので、ぜひご一読ください。

ベンチャーキャピタルとは?

ベンチャーキャピタルとは?

ベンチャーキャピタルは、創業間もないベンチャー企業に対して出資を行い、事業の展開に必要な資金調達をサポートする投資会社や投資ファンドといった機関です。

信用や担保が不足しがちな創業間もないベンチャー企業は、銀行から事業資金の融資を受けることが難しいといわれているため、資金の出資を行うベンチャーキャピタルは頼もしい存在であるといえます。

ただし対象となるのは、高い成長が期待できる未上場の企業です。つまり、すべての創業間もない企業が出資を受けられるというわけではありません。

ベンチャーキャピタルが出資する目的は、未上場の企業に出資し、出資した企業が上場した後に株式や事業を売却することで発生するキャピタルゲイン(出資額と株式売却額の差額)を得ることです。

また、ベンチャーキャピタルは、単に資金を出資するだけではなく、企業価値や売り上げを向上させてより高いキャピタルゲインを得るために。もしくは、出資した企業が思ったように成長せず、キャピタルゲインの回収が不能となる事態を避けるためにも、コンサルティングや直接的に経営に参画するといった成長支援を行うこともあります。

ベンチャーキャピタルの仕組み

ベンチャーキャピタルの仕組み

では、ベンチャーキャピタルはどのような手段により出資金を調達するのでしょうか。

ひとつは自己資金による出資です。

もうひとつは、複数の投資家から資金を寄せ集めるための投資ファンドを組成する方法です。ベンチャーキャピタルは、その投資ファンドのゼネラルパートナーとなり、ファンドに寄せられた資金を期待度の高い出資先の企業に分配していきます。

ベンチャーキャピタルの種類

ベンチャーキャピタルの種類

ベンチャーキャピタルは大きく分けて5つの種類に分類できます。

1.金融機関系ベンチャーキャピタル

銀行はもちろん、証券会社やノンバンクといった各種金融機関が設立したベンチャーキャピタルを、「金融機関系ベンチャーキャピタル」と呼びます。金融機関系ベンチャーキャピタルから出資を得て大きな成長を遂げられれば、将来的に多額の融資を受けられる可能性が高まるというメリットがあります。

2.政府系ベンチャーキャピタル

日本政策投資銀行グループの「DBJキャピタル株式会社」や、「産業革新機構」、「東京中小企業投資育成株式会社」など、政府や地方公共団体などが設立したベンチャーキャピタルが「政府系ベンチャーキャピタル」です。政府系ベンチャーキャピタルは、ハイリターンを求める民間のベンチャーキャピタルとは異なり、育成重視の長期保有と安定的な配当を求めるのが特徴です。

3.コーポレートベンチャーキャピタル

「コーポレートベンチャーキャピタル」は、商社や通信会社など、様々な事業会社が設立するベンチャーキャピタルです。コーポレートベンチャーキャピタルの出資には、ベンチャーゲインの回収のほか、出資先企業の成長に伴う相乗効果により自社の事業を発展させるという目的が含まれます。

4.大学系ベンチャーキャピタル

大学の研究成果や人的資源を活かしたベンチャー企業への出資を目的として設立されたのが「大学系ベンチャーキャピタル」です。2014年に官民イノベーションプログラムによって設立された国立大学のベンチャーキャピタルは、政府1000億円もの出資を受けるなど、大学系ベンチャーキャピタルは産学連携の象徴的機関として高い注目度を誇ります。

5.独立系ベンチャーキャピタル

組織との関連がなく、投資家が独立してファンドを立ち上げて出資を行う「独立系ベンチャーキャピタル」。出資を受けられるだけでなく、投資家それぞれの得意分野や専門知識を活かした成長支援にも高い期待度があります。

ベンチャーキャピタルのメリットとデメリット

ベンチャーキャピタルのメリットとデメリット

メリット

融資ではなく出資のため返済は不要

ベンチャーキャピタルからの資金調達は、融資ではなく出資に当たります。上場や成長を遂げた際に、株式を売却することで資金が回収されるため、融資のような利子を伴う定期的な返済はもちろん不要です。

信用度や知名度の向上

創業間もない企業は経営実績に乏しく、信用度や知名度にも欠けることから、銀行などの融資を受けることが難しいものです。しかし名だたるベンチャーキャピタルからの出資を受けられれば、信用度や知名度が向上し、さらなる事業拡大のための融資を受けやすくなる可能性が高まります。

デメリット

経営への関与

ベンチャーキャピタルは出資だけでなく、コンサルティングや経営への関与などの成長支援も行う場合があります。経営や事業に対する知識や経験が不足するベンチャー企業にとっては、頼れる存在ともいえますが、場合によっては経営陣の意図や方向性に反する影響を受け、思い通りの経営が進められなくなるといったケースも生じます。

株式買取請求の可能性

出資を受けたにもかかわらず、大きな成長や上場が見込めないと判断された場合には、事実上の出資金没収ともいえる株式の買取を請求されることもあります。

資金力や信用度に欠ける創業間もないベンチャー企業にとっては、頼もしい存在だといえるベンチャーキャピタル。

資金調達ができるだけでなく、経験やノウハウの吸収にも期待できます。その一方で、出資を受けられるのは上場が見込まれるような期待度の高いベンチャー企業に限られる上、成長支援を受けることで思い通りの経営が実行できなくなる可能性も生じるというデメリットもベンチャーキャピタルならではの特徴だといえるでしょう。